« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/22

サツキとメイの家  2

愛・地球博終了後の「サツキとメイの家」の誘致をめぐって、6月14日付けの某新聞に、こんな記事があった・・・


☆☆☆  ☆☆  ☆☆☆  ☆☆  ☆☆☆  ☆☆  ☆☆☆  ☆☆  ☆☆☆  ☆☆  


「サツキとメイの家」よりも

 「トトロ」ファンではなく、この仮想現実空間も今ひとつ楽しめなかったので、この娯楽施設が自治体にそれほど必要なのかとも思う。
われもわれもと流行物に安易に飛びつく姿勢には、昔の技術者が「今の暮らしをよくしよう」 と眼前の問題に立ち向かっていった志が感じられないからだ。
 移築費や維持管理費も必要になるだろう。少子化・高齢者対策など、やるべき課題はどの自治体にも山とあるはずなのだが・・・・・。(
抜粋)

☆☆☆  ☆☆  ☆☆☆  ☆☆  ☆☆☆  ☆☆  ☆☆☆  ☆☆  ☆☆☆  ☆☆  

私は、どこかに誘致され残される事については反対ではない。むしろ万博終了後も解体せず 然るべき場所で大切に保存していって欲しいと思っている。

しかしながら、この方の言わんとされるところも よく分かる・・・

以前 私も(本ブログ/4月28日 「サツキとメイの家」)で、物見高い観光客の“物見遊山”に終わって欲しくないという気持ちを少し綴った。
もし誘致の目的が、宮崎駿の人気にあやかった興味本位のものにすぎないのなら、「サツキとメイの家」の移築によって、映画「となりのトトロ」の中に生きるメッセージ(精神)を次代に伝えられることは殆ど期待できないだろう・・・

各自治体の誘致の目的は、一体何であるか?
それによって、「サツキとメイの家」の移築の価値観が 私の中でも違ってくる。。。

|

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »