« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/29

一枚のデッサン画 & イルミネーション

12月・クリスマスの風物詩である イルミネーション、、、、
ここ数年 その趣向・技術は、単なる “電飾” という域を超えた ホント “芸術”性の高いものが多くある

aoyama7 メナード青山リゾート(三重県)の 『ライトアップ2005-2006バージョン』 も、その例に漏れない
日本画家・田端俊夫画伯が描かれた 青山高原の一枚のデッサン画を、照明デザイナー・藤本晴美さんが インスピレーションをふくらませ “光の世界”に 創り上げたものだという

aoayama3 aoyama5 aoyama

aoayama4 高原の あるがままの自然美を生かした “光の世界”に 魅了された

ライトアップが始まって半時間も過ぎた頃、空からは昼間の晴天からは思いもつかぬ雪の贈り物・・・・
   
aoyama6 ずーーーっとずっと眺めていたい♪

そんな心静かな穏やかな時間に包まれていた

|

2005/12/16

色鉛筆画♪

                                くりお&くりこ@どんぐり村
                        
小さい画像はクリックすると大きくなります

年賀状バーッジョン

 Photo_2

 
                              2014年 午                                                     

   nenga01  2006年 戌  Photo 2007年 猪

    Photo_2  2008年 鼠   Photo_4 2009年 丑

    Photo_2 2010年 寅   Photo 2012年 辰

    Photo 2013年 蛇
       

 

ほか

   Photo_4
               あっ?!

Photo_3  田植え       Photo_5  虹    App0008_1  惜別

Photo_11  シャボン玉    Photo_12  汗    Photo_13  深呼吸

Photo_14  想い     App0010  ふふ♪  App0011  秋ふかし

 

App0012  雪合戦     Photo_6  希望  Photo_16  おっと…

Photo_17  お手伝い  Photo_19 ヒャー!  Photo_18  お説教

Photo_20  ブランコ  Photo_22  じゃんけん Photo_23  リズム♪

Photo_24 お母さん  Photo_25  ごめん   

|

2005/12/09

HPのリニューアル?!(*゜v゜*;)

プロバイダー“nifty”が、今夏から 新企画として ホームページ改造 ビフォー&アフターと称した、素人の HP作成よろず相談・アドバイスを してくれることになった

019 コンピュータオンチの私が 悪戦苦闘しながら、この“どんぐり村”を 立ち上げて、もう3年が過ぎた
こういうコンテンツを こんな風に入れたい♪・・・とは思うものの、なかなか 思うようにはいかない
そこで 「ヤッター!」とばかりに、ダメもとで 応募してみたら、ありがたいことに “どんぐり村”を とりあげてくださった

018 幾つかの点について プロの角川氏から 指摘を頂き、トップページのデザインを いただいた
プロの方の 視点・デザインは、やっぱり 「さすがだなぁ~♪」と 思うばかりである q(^-^)p
さっそく、そのデザインに 華麗にリニューアルしようと CDのデータ解析をしたら・・・・

ガーーーーーーーン!!(┰┰∥)
そのままでは、メインの 『むかしばなし』のスペースが 狭くなってしまうのである。。。

もちろん、プロにあっては こんなこと ちょいちょいのちょいと解決~!!なんであろうが、悲しいかな 私の技量では とうてい無理。。。
せっかく ご相談にのっていただき、素敵な デザインを頂いたのに、うまくリニューアルができない。。。

nifty様、Webアドバイザー・角川英二先生、能力不足の私を お許しくださ~い
・・・ m(__)m & ( *>_<*;;)

ホームページ改造 ビフォー&アフター
http://homepage.nifty.com/kaizo/kaizo2.htm

|

2005/12/08

(;◎ο◎)ノ でっかい どんぐりの葉っぱ~

昨年末に うちの 小さな雑木林の “コナラ”の枝を 剪定(せんてい)してもらった
そしたら、今年は ちょっとした異変?が このコナラに起きた・・・

    acorn15剪定前

               acorn14剪定後

                        acorn16現在

ところどころに 黄葉した葉が 混じって入るものの、見ての通り まだ青々としている!
もう 他の どんぐりの木は、数日前の北風で ほとんど落葉してしまっているというのに・・・
おまけに その葉の 大きいことといったら・・・

acorn17 剪定したコナラの落ち葉

        
    右端のが一般的な大きさ

あまりにも 大きくて、なんだか 笑えてくる '`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、

そういえば・・・・・今年、このコナラは 花を咲かせなかった
ひょっとしたら 枝を切り落とした ダメージを補うために、大きな葉っぱをつけ 一生懸命 栄養を 作っているのかもしれない

これも 植物の“生きる力”なのかも・・・

|

2005/12/06

“どんぐり”と遊ぶ♪

acorn00 “どんぐり”の 殻斗を使った 染色に挑戦♪
去年は 古い殻斗を 使ったものだから みごとに失敗・・・
゜・(*>0<)・゜

今年は “ろうけつ染め”の 染料として、殻斗を 使ってみます
作るものは 『手提げ袋』
さぁて、どんな デザインに しようかな~~~♪

それにしても、、、、
“どんぐり”って、いろいろ 楽しませてくれる

見て楽しみ・・・♪
触って楽しみ・・・♪♪
作って楽しむ・・・♪♪♪

自然の中で、その 命の育みに触れ
新鮮な 元気をもらう ( ´_ゝ`)

もちろん、作るにあたっては 色々失敗や 面倒なことも たくさんあるけど、
あ~だこ~だと 考えながら、イメージを表現していく・・・
すごく 『 いい時間 』 だと思うと同時に、『 大切な時間 』 だとも思う♪

“どんぐり”と遊ぶ
“自然”と遊ぶ

決して、作られた “おもちゃ・ゲーム” では 得られない時間・・・
こんな喜びを、たくさんの人に 知ってほしいなぁ~~~~!!

    それもこれも・・

     身近に 豊かな自然が あるおかげだね♪q(^-^)p
       自然に感謝♪

| | コメント (0)

“どんぐり豆腐?”

“ドングリクッキー”が、ホント予想外に 美味しかったので 調子に乗って、またまた 作りました~~~\(^O^)/

今度は “カシドウフ” と言う名の おかず♪
お隣の韓国では、今でも 日常の料理として あるものなのだとか・・・

これまた、何とも言えない 食感があって・・・うん、お豆腐のような?葛のような?不思議な食感で、なかなか 美味しかったです♪
薬味はね、日本風 “酢みそ”が 一番だったかな♪♪
ぜひ、お試しくださ~~~い(・_・)ノ

カシドウフ
                    cook11


       (材料)  
どんぐり

       (たれの調味)cook12
                 韓国風…しょうゆ
                   (にんにく・ごま油・ねぎで風味付け)
              日本風…酢みそ・きな粉 

① あく抜きしたどんぐりを日光で乾かす

② ペンチか金づちで殻を割り、渋皮もとりのぞく

③ ミキサーに②の実と同分量の水をいれ、液状にする

         cook01    cook02

④ ③を木綿の袋にいれ、水の中でよくもみこむ

       cook03

⑤ 上澄み液を捨て(底に沈んでいるのがデンプン)、再び水を加える

        cook04

⑥ ⑤を数回繰り返す

⑦ なべに⑥のデンプンをいれ、デンプンの倍量の水を加えて火にかける

⑧ かき混ぜながら煮つめていき、のり状になったら 平らな容器にいれてさます

         cook06

⑨ 冷えて固まったら、水の中にあけて 適当な大きさに切り分ける

|

2005/12/05

“どんぐり”って、食べたことある?(。・_・。)ノ

「 “どんぐり”は 食べちゃいけないのよ!
     鼻血が出て 死んじゃうんだからねっ・・・(´・ω・`;)ノ 」

  ・・・なんて、言われたこと ありませんか?
だいじょうぶ、だいじょうぶ♪ 食べられますよっq(^-^)p

“どんぐり”は アクのある種類が多いから アク抜きをしたり、殻を割るのは 大変だけど、古代日本では 主食だったようだし、今でも たくさん“どんぐり”の レシピがあるみたい

matebashii1 これは マテバシイの 殻を除いたもの
マテバシイは、ツヤツヤ殻の ひときわ大きい“どんぐり”

 で~~~も・・・“アク”がないと知ったので・・・

        q(^-^)p ムフッ ・・・・らくちん♪ 

なんて思って、、、
さっそく ペンチで 殻を 割ろうとしたけど・・・・(;◎ο◎)ノ わ・れ・な・い。。。
     マテバシイの殻は 虫も入らない というだけあって 無茶苦茶固い!!

そこで今度は 金づちで、力任せに カンカン!カンカン!!と (´θ`
  ( これが本当になかなか大変な作業でした。。。
      ふと、
     昔の人って、毎日大変やったんやなぁ~~
                    ・・・なんて思いましたもん
           翌日、右肩の付け根が筋肉痛とあいなりました。。。^^;)

matebashii2そんな重労働の後、炒って食べたの・・・もちろん、生まれて初めて

       そしたら、、、
          なんと、、、
             予想外に、、、、

   おいしかった~~~~~~!!!\(^O^)/

  heart 後記 heart
  先に 殻を割るより、殻ごと炒って 殻が黒くなり始めたら 火から下ろし、殻を割った方が 実も堅くなりすぎず 美味しいです note
  

「よし!これはいける!!」とばかりに、さっそく 昨年からの課題の “ドングリクッキー”を 作ることに
これがまた、ホント本当に 美味しくて~~~~♪

ぜひ、騙されたと思って?作ってみてください(。・_・。)ノ♪
ただ、、、、
少し やはり実も固いので 歯の悪い方は、できるだけ 金づちで 細かく砕かれることを お薦めいたします
      ( 粒粒の食感がなくなっても良ければ・・・
          ①コーヒーミルで粉にする
     ②茹でた後、すり鉢で粉にする  
          などの方法もあるようですよ~~~ q(^-^)p )

どんぐりチョコチップクッキー

cook10 (生地の材料)    約50個分
    ショートニング・・・・・・・58g
    ブラウンシュガー・・・・・45g
    グラニュー糖・・・・・・・・45g
    卵・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
    オートミール・・・・・・・・・68g
    薄力粉・・・・・・・・・・・・・45g
    ベーキングパウダー・・・・少々
    重曹・・・・・・・・・・・・・・・・少々  

 ① フライパンでどんぐりを殻ごとカリカリになるまで炒る   

 ② 殻をむいて実をビニール袋にいれ、金づちでかるくたたいて 好みの大きさに砕く

 ③ ショートニングを軽くあわ立てクリーム状にする

 ④ ③にブラウンシュガー、グラニュー糖を加え混ぜる

 cook07 ⑤ ④に卵を加えて混ぜ合わせる

 

 ⑥ ⑤にオートミール、②のどんぐり、チョコチップ(どんぐりとチョコチップの量は好みで)を加え、少量の水で溶いた重曹をいれる

  cook08 ⑦ ⑥にふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーをいれ、手早く混ぜる

 

 

 ⑧ うすく油をぬった鉄板に、⑦をスプーンですくって置いていく(間隔は十分にとる)

 cook09

⑨ あらかじめ温めておいた180度のオーブンで、15分ほど焼く

|

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »