« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/24

落ち葉にくるんで おんぶして・・・♪①

                                             029

              童謡♪ “どんぐりころころ”幻の3番
                 その歌詞が とっても 可愛くて・・・
                   うずうず・・・
                  
                    昨夜

                  こんなかなぁ~~ψ(..)

                           描いちゃった ( ´_ゝ`)♪

|

2006/02/20

童謡♪ “どんぐりころころ”のトリビアの種?

昨日、図書館に昔話の下調べに行ってきた
探していた本が見つかり、大事な点をメモること1時間

     ( ・´ω`・ )ファ~~......ねむい......

眠気覚ましに 席を立ち、ふと思い立って 手元にあった 昔話の本の著者・小沢俊夫の弟、小沢征爾の本を 探しにいくことに・・・
“音楽”と書かれた書架を チロチロチローーーーーーッと見ていると、目に飛び込んできたのが 『 名作童謡ふしぎ物語 』(上田信道著/創元社/20005年1月20日発行)

      (∩.∩)ん?ふしぎ?・・・どう、ふしぎなわけ??

手に取り、ペラペラ めくっていくと・・・
           
      ´θ`)まぁっ?!『どんぐりころころ♪』のことが~~

ということで、
以下に、童謡どんぐりころころ♪』誕生裏話私が昨日 「70へーー」を出した トリビアの種をご紹介します

最初に、誕生秘話から・・・
ちょっと 昔話風に 書いてみました~(*^_^*

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

むかしむかし 松島町(宮城県)に 存義(ながよし)という名の 坊ちゃんがおりました
坊ちゃんのお家は 町きっての大地主で それはそれは 大きなお屋敷であったそうな
存義坊ちゃんは、すくすく 元気に 育っておったが
お母さんには 一つ悩みがあったんだと・・・

存義坊ちゃん、 どうしてだか 寝坊こきで 早起きができん
お母さんは あれやこれやと いろんな手を考えるんじゃが どうもうまくゆかん

ある日も、、、
お母さんは 存義坊ちゃんのことを考えながら ぼんやり大きな池を ながめておってな

                    「そうじゃ!
                      ドジョウさ とってこよう!
                      ドジョウっこ、い~~~~~っぺえ この池で 飼うたら
                       あの子も きっと喜んで 早起きするに 違いねえ!」

そう言うて 近くの田んぼに 行ったはいいだが
 
ニュルニュルピチピチ
  ニュルニュルピチピチ

捕まるものかと ドジョウは はねるもはねる
お母さんの指を ツルリンツルツルと ぬけ出ていくばかりで どもならん

           「コリャコリャ~
           にげんでもええ にげんでもええ
           うちの池に ひっこすだけじゃ~」

ニュルニュルピチピチ
  ニュルニュルピチピチ

お母さんの顔は ドジョウのはねる泥で まっくろになってしもうた

そうこうしてな やっとこさ二十匹くらいの 元気なドジョウさ つかまえることができたお母さん、 大急ぎで家に帰ると ザワーーーーっと 池に放り入れた

                        「ながよし~!
                         ほれ、起きろ~~!
                          池に いっぺえ どじょうっこさ いるべ~~~♪」

                                 作:まさこ(どんぐり村)
                                 参考:『 名作童謡ふしぎ物語 』


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

結局、お母さんの努力は報われずに 存義坊ちゃまの“朝寝坊”は なおらなかったようなのですが・・・(*≧m≦*)ハレッ

この 存義坊ちゃまこそが、童謡 『 どんぐりころころ 』の作詞をされた 青木存義氏!!

青木氏は 旧制新潟高等学校 (現新潟大学)の校長をされた 立派な方で、大人になってから こどもの頃を思い出し 『 どんぐりころころ 』を作詞をし、尋常小学唱歌の 編集委員をしている時(1921年)『かはいい唱歌』 全三冊の 第一冊に載せたのが最初なのだとか

さてさて、ココからが本題!q(^-^)p
私が「70へーー」を出した トリビアの種とは何かと言いますと、、、

◎ 童謡『どんぐりころころ』には 本来 歌詞は2番までしかないが、青木氏の誕生した 宮城県の松島町立第五小学校には 3番まで歌詞が歌い継がれている・・・ってこと

ちなみに、その歌詞とは、、、、
   
         =どんぐりころころ・3番の歌詞=

       どんぐりころころ ないてたら
       なかよしこりすが とんできて
       おちばにくるんで おんぶして
       いそいでおやまに つれてった

おちばにくるんで おんぶして・・・だって
うふふ ( ´_ゝ`)
とっても 想像力かき立てられる 可愛い詩だと思いませんか♪

                                                                                      以上、
“どんぐり村”の管理人としては 見逃せない トリビアの種でありました\(ξ^∇^ξ)/

|

2006/02/19

( ゜д゜) ? クリスマスリース?!

      03

                           (∩.∩) ・・・・ん?
                           2月だというのに、クリスマスリース??

                 違うのちがうの~~~
              これは
     “どんぐり村”のシンボルリース♪
             今、やっと完成しました~~~~\(^O^)/

                 豊かな森と
           元気な子どもたち

           小鳥のさえずりや子どもの笑い声が
         い~~~~~~っぱい聞こえてくるような・・・
               そんなイメージ(思い)で♪

                 acorngoods08
                     
                  これは、、、
                           おまけ ( ̄m ̄)ブブッ

     

|

2006/02/16

シイタケがポコポコ・・・ ♪

雑木林のクヌギコナラなどの 所謂 “どんぐり”の木が 間伐されると、炭や ホダギ (シイタケを栽培するための木)として 活用される
よく知られている 『備長炭(びんちょうたん)』 は、ウバメガシが原木 (・_・)ノ

    ( ウバメ? (∩.∩)??
      お婆さんの目ってことやんなぁ・・・?
             変な名前の“どんぐり”!! (´・ε・`) )


なんて思って 語源を調べた時があった
確か・・・
春先の 新芽の色が 褐色をしているから、それが お婆さんの目の雰囲気とかで、、、
若いピチピチの子の目は 鮮やかな新緑、シワシワのお婆ちゃんの目は 枯葉(褐)色って感じなのかな?
語源も調べると、なかなか面白い!(ξ^∇^ξ

026さてさて、
うちの雑木林も 一昨年バッサリ 間伐と剪定をしたので、手ごろな太さのものを 10本くらい“ホダギ”用として 持ち帰った

今日撮ったホダギの写真

ここ数日の暖かさと 昨夜からの雨に誘われて、シイタケ様の頭が ポコポコ出ている!!
まぁまぁ~~、みごとに どのホダギからも ちっちゃな頭が ポコポコポコポコと~~~~♪

028 赤ちゃんシイタケ三兄弟♪

     可愛い♪ と言うか 何と言うか・・・・
       オ ・モ ・シ ・ロ ・イ ~~~~♪`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、♪

027 夕食でお腹に消えたシイタケ*^v^*

              新鮮な恵みに感謝!

|

2006/02/15

“春一番”が吹く前に~~

024 今朝の気温 7℃、現在 14℃・・・風もなく ポカポカ陽気♪
昨日今日と ホント暖かな日が続いて、、、、

  おぉ~~
    そろそろ “春一番”が 吹くかも~~~~~ 

               と、春の気配に 妙にワクワクする (*^o^*

ちなみに “春一番”とは、、、、

立春から春分の日の間に 日本海で低気圧が発達し、初めて南寄りの強い風(8メートル以上)が吹き 気温が上昇する現象
                          
(気象庁定義)

この“春一番”が吹く前に、我が家では 欠かせぬ一つの仕事がある
それは
022ツバメの巣の掃除!!
補助板や 巣の周りについた糞を落とし、巣の中と外に 殺虫剤を吹く
これをしてやることによって、羽虫がわくのを 抑えられる(ような気がする^^

ツバメは 大抵の場合 2回産卵するが、2度目の時に 羽虫がわきやすく、ヒナが バタバタと暴れて 巣から落下、死んでしまうのである
我が家でも ヒナの落下騒動が 2年続いたため、防虫対策として 『巣の掃除』なるものを してみようということになった
殺虫剤の臭いが残ってしまい、ヒナ以前の問題として 親が来なくなるかもしれないと 案じていたのだが・・・
 
  q(^-^)p うふ♪ 
              親も ヒナも 順調~~~~!!♪

それ以来、もぅずーーーーーーっと 我が家の行事になっている
“春一番”が吹く前にするのは、少しでも 殺虫剤の臭いが 消えるようにとの 思いからである

さて、
“春一番”が吹く前に、実は、もう一つ することが・・・・

巣の下に注目!! (`・_・´)ジィ~~~~~ 
何かが ぶら下がっているんだけど、何だか 分かるかなぁ?

023 グ------ンと、近づくと・・・
こんな感じ!!!
分かるよねっ

そうそう・・・・タバコ
025これを軒先に 7箇所も設置!

タバコは ヘビが嫌がる臭いなのだそうで、ヘビが住む我が家では これも欠かせぬものなのである

「ヘビも生きるためには 食べ物ないと可哀想じゃない・・・」って?

う~~~~~~~~ん、たしかに。。。。
ヘビは守り神でもあるし・・・

でも、、、、、
私の中では、長いながい ホントに長くて厳しい渡りを終えて ようやく新しい命を育むツバメのほうが 優先されてしまうのだ (*゜v゜*)

|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »