« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/24

アナログ半分、デジタル半分♪

            

           01_1

    02   03    04

           

         毎年 送られてくる 一枚の年賀状
           言葉は、ほとんどない・・・
               でも、
           言葉以上の “心” を感じる

            仕掛け年賀状♪
         アナログであって デジタルのよう・・・
              開ける瞬間
               心が躍る
           まるで、こどものように♪

        01_3    02_1

       01_4     02_2 

   

先日、この送り主に 『むかしばなし』 を題材に 作品ができないか 尋ねてみた
( 実は、『どんぐり村』 開設当初からの 思いの一つなのである )
返事は・・・・

          OK! \(^O^)/

早ければ 来年の夏くらいには、『どんぐり村』の 新しいコンテンツとして ご紹介できるかもしれません
ただ、予定は未定・・・先方も 忙しい毎日ゆえに、どうなるかは 分かりませんが (*゜v゜*;)

|

2006/06/18

虹の橋・・・・♪

        くりお&くりこ Photo_4 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

虹というと・・・何を思います?

   虹のたもとには、宝物がある♪
           
   副虹を見ると 幸せになる♪

              なんていう、とっても 夢のある 迷信かしら? (*^_^*

それとも・・・

   Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.
      ( 天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります )

     という 書き出しから始まる
       rainbow bridge ( 虹の橋 ) という作者不明のお話かしら?( ´_ゝ`)

   このお話を知らない方は、是非一度読んでみてください!!
     参考サイト:虹の橋
     http://www2s.biglobe.ne.jp/~symd/Rainbow/Rainbow_bridge_index.htm

いずれにしても、、、、
人それぞれに好みや感性に違いはあっても、虹を見て怒る人や不快な思いをする人は、まずいないだろう

子どもの頃は単純に喜んだ
そして、大人になってからは・・・なんだか不思議な力をもらう

        Rainbow2 先日、松阪市で見られた大きな虹 

それはそうと、虹で 時々 2重にかかっているのを 見かける
あれは 副虹と言われるもの
少し 暗いのが 特徴なんだけど・・・この虹の色の順序は 赤が内側で逆になることを 知ってますかぁ?

梅雨の季節、盛夏の 雷雨の後などは、虹を見るチャンス!!
  副虹を見かけたら、、、、、
     その色に ちゅうもくぅ~~~~~~ (・_・)ノ

<<虹の写真提供>>
  ひなげしが咲く季節より 2006
      http://sanpoppo.blog65.fc2.com/

|

2006/06/13

“桑の実”摘み♪

Kuwa03_1道ばたにある 大きな一本の 桑の木
この季節になると、ブルーベリーにも負けない 濃い紫色の実を タワワと実らせる♪
この実が、けっこう美味しい(。・_・。)ノ

美味しいのに・・・今の子どもたちは、この実が 食べられることを 知らないんじゃないかと思う
もちろん “桑” という名前も

養蚕が盛んだった頃は、それこそ ごく普通に ある木だったが、今はもう この辺りでも 見かけることが ほとんどなくなった

     Kuwa02 成熟途中の桑の実 

     Kuwa05  蚕(かいこ)がバリバリ食べる桑の葉っぱ

そう言えば、高校の 生物の時間に 『桑実胚(そうじつはい)』 というのを 習う
一個の受精卵が 次々その細胞数を増やしていった ある段階の姿が “桑の実” に似ているからと

     Kuwa01  成熟した桑の実

 どう?
   似てるかなぁ?

 まぁ、それはさておき、、、、

     野で摘み
      食べる美味しさは格別
\(^O^)/
         
     手は紫色に染まるけど・・・
             ふふ

|

2006/06/07

ヨシ(善し)? アシ(悪し)?

                            Ashi02

 麦畑の中に スラリと伸びた スマートな植物発見!
                   
         これは 何かと 近づいたら・・・

Ashi03 アシ(葦)だった (・_・)ノ

   ・・・・ん? アシ? アシって何?

って 思った人には 『 ヨシ 』 と言えば、分かってもらえるだろうか?
夏、日よけに “葦簾(よしず)”を 窓際や戸口にかける、あの『 ヨシ 』である

アシが「悪し」という意味にとられることを嫌って「善し(ヨシという別名ができたのだそう

私も ときどき縁起をかつぐから、分かるなぁ~、こういう言葉の誕生(*^_^*

ちなみに アシは湿地に生える イネ科の植物で、その丈は 2~3mにもなる
茎の部分が、“葦簾(よしず)”の材料となる他、芽は食用、穂は 綿の代わりに使うことができる

Ashi01 こちらは 斑(ふ)が入ったアシ

とても涼しげで、この季節 目を楽しませてくれる♪

|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »