« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/16

巨木コナラに会いに行きました♪q(^-^)p

6月下旬のこと
ある新聞 (参考:http://yukanmie.com/blog.php?ID=1383)に 松阪市伊勢寺町の 観音岳頂上付近で、樹齢 100年以上、幹回り2.5mの コナラの巨木が 見つかったの記事があった。
コナラは、としての 需要が多かった昔、少し大きくなると 切られていたため、現在 見かけるものは ヒョロヒョロとして どちらかというと ひ弱な感じがするものが多い。

   「え~~~~sign02  
     コナラでも、そんなに 大きい木が あるんや~~sign02sign02

興味津津に 読み進んでいくと、伊賀上野城 (伊賀市)に 幹回り3mのものがあると・・・

   「うっそ~~~、見てみたいな~~~note lovely

ということで、先日 会いに行ってきました~~happy01

Ueno03

これが、その 巨木コナラ ・・・・・・ らしい
    堀の急な斜面に斜めに伸びてて近づけず、同定ができなかったweep

でも、散策していたら
       見つけましたsign03sign03
           美形の巨木コナラをsign03sign03

     Ueno05

    それはそれは、とても 美しいコナラ heart
                          *写真中央のもの

    詳しくは アルバムにしたので、こちらから どうぞ happy01 notes

ribbon ribbon ribbon ribbon ribbon ribbon
  伊賀市役所 都市計画課のA氏様、閉庁間際でしたにも関わらず ご親切に対応していただき 本当にありがとうございました。

|

2008/08/13

ツバメの巣・・・

我が家の軒先で、今年は 珍しく “ツバメの巣・陣取りバトルthunderが あった!wobbly

結果、出来上がったのが・・・ダンボールが壁代わりの妙な巣

Swa032

そもそもは、
長年、1ペアのツバメが

   「他のペア、軒先に入ることまかりならん!poutannoy

とばかりに、巣を かけにやってくるツバメを ことごとく追い払っていた。
その勢いたるや 結構すざまじいものがあり、我が家のツバメは なんで皆と仲良くできんのかな~? 群れの種類が 違うんかな~~? なんて 思っていたのだが・・・

今年も 例年の巣で 抱卵が始まった頃、新参ツバメ夫婦が 軒先に 陣取ろうとやってきた。
案の定、古参ペアは キーキーと鋭い声をあげ 追いかけては 猛烈に威嚇する。
この威嚇が 数回続くと、新参ペアは 泣く泣く諦めていくのが 常だったのだが

今年は違ったsign03

毎日毎日、何回追い払われても 諦めなかったup
結局、古参ペアの育雛中 ずっと 陣取り合戦 が続き ( 親が雛を守る姿ってすごいね!羽を 巣いっぱいに広げて、近寄らないように 張り付いてるconfidentheart 、巣立ち後の 子ツバメの世話で いったん 親が 軒先を留守にした時を みはからって、古参ペアの 古巣の もう1個の方に 抱卵を始めたのである punchdash
この新参ペア、すごい根性だけど、自分達の巣を 作らないのは ちょっとコスイなぁ~coldsweats01

さて、二回目の 抱卵を予定してだろう古参ペア、巣を 乗っ取られて どうするのかと思っていたら・・・・・・軒先に 泥を咥えてやってきた。
   古参ペア
     
 この識別が何故できるかと言うと、雄の方の羽の横に白い紋がある

    「あんた達、さすがやね~~note

慌てず、そして優しく、その場の状況を理解した 古参ペアに 拍手を送った私 happy01

              coldsweats02

    「あんたら、どこに巣かけとんの~~sign02

古参ペアが、新しく 巣を作ろうとしていたのは ここ   
   Swa031 

こともあろうに、雁木の支えで、幅2cmもない 細い板の上に 泥を運んでいるのである。
しかも 斜め・・・
苦労して 運んできた泥は、ボトボト下に。。。

 「あぁ~~、もぅ~~~~sad

とうとう 見かねて、手をかすことに

Swa030

あくまでも 今年一年の 仮住まい用として、ダンボール(中心部は3重)で壁を作り、ヒモと 押しピンで 2cmの幅の板に 固定。

面白いのは、私が この作業をしている間中、ふと気づくと 古参ペアが 頭の上とか横で 鳴かずに見ていたりしたこと。
できるだけ 下に落ちていた泥を ダンボールの上に貼り付け、後の 巣作りがしやすいようにしてたので、不安だっただろうけど 邪魔されるという心配は なかったんだろうね happy01

ダンボールを重ねるための ボンドの臭いを 嫌がらないか心配していたが、古参ペアは、その後 3日かかって ちゃんと巣を完成した。そして、この騒動から 約1ヶ月後、5羽の子ツバメが 無事元気に巣立ったheart02

  

<<関連記事>>

“春一番”が吹く前に~~
http://dongurimura2002.cocolog-nifty.com/koro/2006/02/post_31c6.html

ツバメ
http://dongurimura2002.cocolog-nifty.com/koro/2005/05/post_45af.html

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年9月 »