« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/27

久々の トトロ ♪

43

夕方、いつもの 散歩をしていると、、、、
今年は 久々に、コン♪ココーーーン♪と、快い クヌギどんぐりの 大粒の雨音がしてくるnotesnotesnotes

コロコロ転がるどんぐりを 拾う先には、真っ赤に紅葉した 柿の葉が・・・note

まんまる太っちょの クヌギと、あまりにも芸術的な 柿の葉を 眺めていたら、何だか 『となりのトトロ』を 思い出して (もう少し前に 『崖の上のポニョ』を 見たせい?)・・・・作ってしまった smile scissors

こども達の “どんぐり工作”の 一番人気が、やっぱり このトトロみたい。
出来栄えは 今一だけど、やっぱり トトロって いいな~~~。
だいすきheart

  クヌギは まるまるすぎるので、マテバシイで 作っています

『となりのトトロ』と 言えば、中トトロどんぐりが いっぱい詰まった袋を 持ってたでしょ happy01
どんぐりを 拾ったら・・・こんな袋に 詰めてみたら どうかな?

42

ヘンプで 小さな袋を 作ってみました notes
袋の上に通した 紐の長さを 変えれば、可愛いペンダントや ストラップになりそう。
こんな感じで・・・

40

41

まだまだ 沢山 作りたいものがあるんだけど・・・次回の 「一枚の絵」「くりお&くりこ年賀状バージョン」の絵を 描かないといけないから、来年までお預けかな~~?sun

|

2008/10/17

どんぐりコーヒー ( ´_ゝ`)

 Coffee07_3  

今秋初の 『“どんぐり”との戯れ』は、この 『どんぐりコーヒー』作り とあいなりましたheart

いろいろネット検索したり、本を調べての挑戦sign01
うまくできるか 不安もあったけど、ワクワクし通しの 楽しい時間でした happy01

お味は? って

そうですね、、、、
正直に言って、所謂 「コーヒー」では ないですね。

和菓子・・・いや、おせんべいかな? に合う 「お茶」 とでも言いましょうか、素朴で、どこか懐かしい香りと 風味のある センシティブな 「お茶」 でありました happy01heart01

では、さっそく 作り方と まいりましょうnote

゜。°。 どんぐりコーヒー °。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

(材料) マテバシイ Coffee00 

① ペンチか金づちで殻を割る。

Coffee01_4 

 落ちて日が経っていないどんぐりは、数日干してから割ると割れやすくなります。
 金づちの場合、縦方向に叩くとうまくいきます。

② 薄くスライスした後、一晩、水にさらしてアクをぬく。

Coffee02_6

 色の変わっているもどんぐりは、捨てましょう。
 *水が澄みきるまで、何度も取りかえましょう。
 *コナラなどアクの強いどんぐりの場合は、通常のアク出しをしてからスライスしてください。

③ ザルにあげ、一度クッキングペーパーや布巾で、ざっと水気をとる。

Coffee03_3          

④ 天日に干し、よく乾かす。

Coffee04_2

⑤ アルミホイルを敷いた胡麻炒り器(あられ炒り器)に、乾かしたどんぐりを入れ、小まめに振り動かしながらじっくり炒る。

Coffee05_3

 全体に均一に熱がまわるよう、気長に炒りましょう。
 
フライパンにアルミホイルを敷いて、炒ってもできます。

⑥ 小鍋に炒ったどんぐり(一人分:約5~7g)を入れ、沸騰したお湯を注ぐ。
  好みの旨みがでるまで、火にかけ数分煮出す。

Coffee06_2

      ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

一番大変なのは 殻割りですが、未知の味?を求めて 是非 味わってみてくださいね~~~cafeheart04

|

2008/10/03

『どんぐり染め』 体験 ♪

近くにある 斎宮歴史体験館では、一年を通して 色々な 体験学習を させてもらえる pencil
今年 配布されたパンフを 見ていたら、草木染めの一環として 『どんぐり染め』というのが 目に 飛び込んできた eyeheart02

どんぐりの殻斗で 見よう見まねで、染めたことはあったのだけれど、ちゃんとした 草木染めの先生に 教えてもらえると言うのは 何とも嬉しい note

と思って 参加したのですが、、、、
残念ながら 先生に手ほどきを受けられた 体験館のスタッフの方による 講習会でした。

でも、
『しぼり染め』の基本を 久しぶりに 色々できて 面白かったですよ happy01

maple 材料のクヌギ
Senshoku11

maple 染色前の布 (絹のコースター)
Senshoku12

maple しぼり染めの準備
Senshoku13

 板じめしぼり ・ 豆しぼり ・ 輪ゴムしぼり
 比較するために、素の布も 一枚

maple 染色後の布
Senshoku14

肝心の 「どんぐり染め」のやり方は、以前 私が 試みたものと 殆ど変わりはありませんでした。

以下に、違う点だけ まとめておきます。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

 bud 材料:クヌギの殻斗
      クヌギの方が、染液の色が 濃くなるようです。

 bud 媒染液:灰汁
      染液の色味が、少し濃く 発色されました。
      
       <<灰汁の作り方>>
         木灰を 水につけ、うわずみ液(灰汁)を ろ過する。

;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

クヌギで染色液を作り、色々「媒染液」の 種類を変えてみると、コナラ(ナラガシワ)の時より もっと その発色の仕方に 差がでるのかな?   なんて思った私。
また 挑戦したいものが 増えてしまいました~~~ wink heart

|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »