« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/16

桃太郎・お婆さんから生まれた~♪

   Momtaro_2

江戸時代の赤本に 多くみられる 「桃太郎」の誕生 (回春譚) (参考:http://dongurimura2002.cocolog-nifty.com/koro/2009/02/post-56c6.htmlをする 口承話が、四国地方には 残っている。

口承話では、現在 よく知られている 桃から誕生果生譚)するものが多いので、これらは伝承による お話ではなく、赤本の影響を 受けたのではないかとも 言われているようだ。

ともあれ、
この珍しい 回春譚としての 「桃太郎」が残る 香川県や徳島県では、その お話の筋にも 他と違ったところがあるのが 興味深い。

       ☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

book pencil 香川県多度津町

力持ちの桃太郎は、山で 大木を切ってきて 家の庇(ひさし)に 立てかける。
しかし、家が壊れて お爺さんに怒られたので 家を建てる。
鬼退治に行く途中、出会ったお爺さんから 豆と酒をもらったので、隠れていた鬼に 豆をぶつけて 追い出し、酒を飲ませて 酔っている間に 退治する。

  何だか、節分の鬼退治みたいだよね happy01

book pencil  香川県高瀬町

子どもの頃は、ものぐさ者。
友達が 山に出かけようと 誘っても 口実をつけて なかなか行こうとしない。  やっと 何日目かで 出かけたと思ったら、昼寝ばかりしている。 (徳島県井川町も類似)
帰り際に 大木を 引き抜いて帰り、家の庇(ひさし)に 立てかける。
しかし、家が壊れて お爺さんとお婆さんが 下敷きになり 死んでしまう。
お爺さんとお婆さんを 助けるために 家の中を捜している時 大きなタライを見つけ、それに乗って 川から海に出る。
すると、海の 真ん中にある島で、赤鬼と青鬼が 相撲をとっていた。  赤鬼が負けると はやしてからかう。  青鬼が負けると はやしてからかう。
そのうち 両方が 一緒に転んだので、はやしてからかったら、二人が 揃って 桃太郎にかかってきたので 二人を束にして 海に投げ込む。

  日本の伝統武道である相撲での力勝負!って感じ happy01

book pencil  愛媛県(地名不明)

鬼退治の お供をするのは、石臼・ 針・ 馬の糞・ 百足(ムカデ )・ むくろじ(庭木の一種?)

  鬼退治の仕方は 『猿蟹合戦』と、まるで 同じだよ happy01

    ☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

桃太郎に限らず、昔話には、本当に たくさんの バリエーションがあるので、それによって 感じるものも 変わってきます。
こども達に お話しをする時には、そういったことも考えて 「絵本」を 選びたいものですねheart

   

   ゜。°。°。°。°参考文献。°。°。°。゜。°。°。°。

『新・桃太郎の誕生 日本の「桃ノ子太郎」たち」    
                         2000年   吉川弘文館

・昔話通観                  1985年   同朋舎出版

|

2009/02/15

赤本に見る「桃太郎」

Momo22_2江戸時代の子ども達が 読んでもらっていた 「桃太郎」、すなわち 赤本(絵本) の桃太郎話は、、、

  「へーーーー??
     そうなん??!」

という言葉が、きっと、皆さんの口から 二度三度 飛び出してくると思います。 happy01

だって・・・ 

pencil 先ずは、これ
桃太郎誕生の場面
です。

Momo11

分かりますか?
右ページの下の方に、産湯に いれてもらっている 小さな「桃太郎」 がいます。
そして、
左上の方には、出産を 終えたばかりの お婆さんの姿が 描かれています。

そうなんですsign03
桃太郎は 『桃から 生まれる』のではなく、『桃を食べて若返った お爺さんとお婆さんの間に できた子ども』なんです。

このような 桃太郎の誕生は、口承話には 殆どありません。
で、
この赤本の 戯作者 (江戸時代の読み物の著者)の悪戯という 説があるんですが、定かではないようです。

pencil 続いては、これ
鬼征伐に出向く 桃太郎の姿です。

Momo14a

手足にも 武具をつけて 大変勇ましい・・・が、頭は 菅笠(右下)のよう。
この絵柄、特に 着物などには 歌舞伎の影響が 大きく 現れていると言われています。

pencil そして、次はこれ
お供の 動物達の姿です。

Momo15

猿・雉・犬、いずれも擬人化された姿になってて、今のような動物がかもしだすホンワカした感覚はみられないのです。

pencil 続いては、鬼の姿。

Momo16

左のページにいるのが鬼たち。
中央で立っている鬼を見ると・・・よく見るショートパンツではなく、何やら中国風のダボダボパンツをはいているんですよ。

pencil 最後に、これ
鬼が島から 持ってきた 宝物です。

Momo20

何をしているか分かりますか?
なんと、『打ちでの小槌』で、お金と お米を 出しているんです。
桃太郎の 腰の後ろのほうに 見えるのが 『隠れ笠(黒いもの)』 と 『隠れ蓑(筋状のもの)』
口承話では、これも 私の知る限りでは 出てこないものばかりです。

時代によって、地方によって 色々な姿を持つ 「桃太郎」
ホント、知れば知るほど 面白いですよね。

次回は、
桃太郎が 江戸時代の 赤本と同じ「誕生」をする、珍しい 四国地方の口承話を 紹介します。

heart 桃太郎をはじめ、こういった 昔話のバリエーションについては、どんぐり村本館の方で 紹介をしているので そちらも参考にしてくださいね。

゜。°。°。°参考文献。°。°。°。°。゜。°。°。°。

・初期草双紙集    1993年  和泉書院発行
・江戸の絵本ー初期草双紙集成ーⅣ    1989年  図書刊行会発行

|

2009/02/09

孤独なウラジロガシ・・・

2007年の丁度今頃、1本の大きな 『ウラジロカシ』(参考:http://dongurimura2002.cocolog-nifty.com/koro/2007/02/post_4281.html)を見つけた eyethunderthunder

が、、、、

その後、どれだけ探しても この近辺で 『ウラジロガシ』が 見あたらない・・・sweat01
見つけた1本は 小さな公園の 一角にあるのだが、公園を作る時に 植えられたものなのだろうか?

ここ数年、痛んで 元気のない葉が多いのが 気になっている。。。

めったなことはないと思うが、
万が一、この木が 枯れてしまったら・・・と考えたら、なんだが 急に 落ち着かなくなってしまった。despair

いつもより早く 散歩に出かけ、落ちていたどんぐりの中で 元気そうな子を 7個を拾ってきた。
全くもって 時期遅れではあるけれど、7個のどんぐり君達の 生命力に期待している! happy01 heart01

Urajiro01

   ☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    3月21日 続編

初夏のような 暖かさが続く中、近辺では、桜の花が開花し どんぐりの芽吹きも 始まったcherryblossom

さて、
あの 『ウラジロガシ君達は どうしているかというと、、、

残念ながら、どのポットも 芽生える気配がまったくない。。。
やはり、時期的に 無理があったかな~~bearing

というわけで、

  行ってきました!
    実生 budを とりに!!

せっかく芽生えても、夏には 除草剤か鎌で その命を 絶たれてしまう運命の『実生』
その命を 繋ぐには、今しか チャンスはないのですscissors

根掘りを持っていくと 仰々しいので、近くに 転がっている木切れで 根気良くホジホジと・・・傷つけないように 何とか引き抜いて、無事、今 ポットに植えました。

Urajiro02

このまま 数年育てて、親木の近くにある 家の 雑木林に戻してやることにしまhappy01

|

2009/02/01

菊池寛著 「桃太郎」 ②

昭和3年に 出版されたこの 『日本童話集』。book

当然のことに、「ももたろう」ではなく、旧かなづかいの 「モモタラウ」とある。
挿し絵は、江戸時代の赤本 (子ども向けの絵本)の 雰囲気?タッチ?のものが 3枚(内2枚)

Momo05  Momo06

さて、肝心要の 『おはなし』はというと・・・

先日も 紹介したように、全文 カタカナで 書かれている。

Momo07_2 

文が 読みとれるように、原寸大の 画像を 入れてみた。

ふむふむ・・・・・
このあたりの 流れは、現在 語られている 代表的な 書き出しで、特に 興味をひくところは なさそう。think

私は 自慢じゃないが 全くもって 文学に 興味がなかったので、菊池寛の作品は 恥ずかしながら 『恩讐の彼方に』しか 知らない。  しかしながら、その一作品が 私の中で かなり重い感動を 作った記憶が 未だにある。weepshine

童話集が 出版された 昭和3年というと、所謂、日本は 国粋主義・軍国主義路線に立つ時代。  この時代に『恩讐の彼方に』を書いた菊池寛が どのような「桃太郎」を書いているのかが とても興味深かった。up

と言うのも、、、、
「桃太郎」は、時代と共に その「姿」が 作り変えられている『昔話』の 代表選手なのだ。

読み進んでいくと、
なんということはなく・・・
菊池寛桃太郎」は、国定教科書に 出てくる 「桃太郎」だった。

出版年 昭和3年、日本の軍国主義・侵略戦争時代を そのまま表した「姿」となっていた。

;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:

「オニガシマヘワタツテ、オニドモヲ、セイバツシテ、タカラモノヲ、ブンドツテキタイノデ、ゴザイマス。」
 
  中略

モモタラウハ、ヂンバオリヲキ、カタナヲコシニサシ、キビダンゴノフクロヲ、コシニツケ、ソシテ、ヒノマルノグンセンヲ、テニモツテ、タチアガリマシタ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:

少々違う展開を、
『恩讐の彼方に』の心が、ひょっとして 「桃太郎」のその「姿」を 作り変えているのでは?と、思ったりもしたのだが・・・

だから、菊池寛が どうのこうのと 言うのではなく、
この童話集を手にし、あらためて 戦時中の悲惨な状況を 頭に描かざるをえず・・・日本国の汚点とも言うべき 歴史的事実に、少なからず心が痛んだ。。。down

次回、
江戸時代の赤本にみる 「桃太郎」を 紹介します。

よく 知られている 「桃太郎」とは 全然違いま~~~す。
お楽しみに happy01 note

.

=参考文献=

小学生全集 第7巻    日本童話集(上)
                    興文社、文芸春秋社  昭和3年9月1日発行

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »