« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/26

1月に芽生えた「どんぐり」・・・

Tirimen03_3   

京都御苑に 綺麗なチリメンガシが あるということを知り、写真を撮りに行くと、なんと、もう 芽を出している どんぐりを発見sign01
よく見ると、近くで もう1個 芽をだしかけた子も sign01

   うっそ~~~?! 
   あんた達早すぎるよ~、大丈夫?!

時は1月6日。
これからが冬本番という季節に、芽生えなんて。。。

なんだか 可哀想になって、いちかばちかで 水を含ませたティッシュに しっかりくるんで ホテルに 持ち帰ってきた。
洗面所で 一晩 水に根をつけてやり、翌日は また 根が乾燥しないよう ティッシュとビニール袋にくるんで カバンの中に。

夜 帰宅して、真っ先に カバンから出してみると・・・またまた ビックリ sign01

   あれ~?!
   あんた達、成長してるやん?! wobbly

しおれていないか 心配していたのに、しおれるどころか、ごく少し 芽が 大きくなっていたのです sign03

きっと 夕方まで ホテルに バッグを預かってもらっていたし、特急も 暖かかったからなんでしょうね happy01

で、今、その どんぐり君達は、こんな感じで 元気にいます heart

Tirimen00   Tirimen01

ちなみに、
チリメンガシの実生は、殆どが ウバメガシに なってしまうそうなのですが、左の子の葉が ちょっと チリメンぽいのです up

すっごく 期待している 私です lovely heart02

.

 pencil チリメンガシの 詳細については、どんぐり村本館どんぐりの種類を 参考にして下さい。

.

.

|

2010/01/25

どんぐりの標本 ①

日々の 雑用に追われて、なかなか イベント準備に 入れません。。。weep

でも、年末から 少しずつ 作っていた 『どんぐりの標本』 が、ようやく、ようやく、完成しました~ up happy02

標本と言えど、それ自体を 見て楽しめるようなもの・・・というので、作ってみましたheart

54a

全15種類です(詳しくは、どんぐり村本館をご覧下さい)。

もう一つは、ちょっと可愛いい 『どんぐりの標本』 を 作る予定ですが、まだ、どんぐりの 乾燥中なので 出来上がるのは まだまだ先になりそう。

.

|

2010/01/15

えっ?! 沖縄固有種のアラカシ?!

昨日、
久々に 「日本どんぐり大図鑑」(徳永桂子著)を 開いてみた。

pencil とても素敵な細密画で、全ページが 描かれています。 調べるだけでなく、見て楽しめる図鑑。 徳永さんの『お人柄』も 伝わってくる・・・
機会があれば、殆どの 図書館にあるので、是非 手に取っていただきたい 一冊です。

ページを 進めていくと、あれっ?と 気になる どんぐり発見 sign03

「アマミアラカシ」・・・アラカシの変種で、どんぐりが 大きい事が 特徴。 奄美大島から 沖縄にかけて 分布。

と記されている。

 あるある、うちらのとこにも1本あるで flair
 あのアラカシ、いつも 大きんで ビックリしてたけど・・・
 まさか、違うわなぁ coldsweats01

と思いながら、さらに 読み進めると、『葉が縦に二つ折りになっている』 とある。

 これは 確認にいってこな!

ってことで、今日、さっそく 行ってきました~~~!
この子が、毎年 大きな大きな どんぐりをつける 「アラカシ」

Amamiarakasi00

今まで「アラカシのデッカイ子」 と思って、ちっとも 葉に 気をとめていなかったけど、確かに 他のアラカシと 違う think
普通なら 平らになっているのに、明らかに 二つ折状。

Amamiarakasi03_2

Amamiarakasi04

                 
      殆ど全ての葉が二つ折れになっている

Arakashi05

                
         
 普通のアラカシは平たい

ひょっとしたら、
これは、本当に 「アマミアラカシ」 かもしれません・・・up

公園を 整地する時、造園業者さんが 持ってみえた 苗木の中に、この1本だけが 混じっていたのかもしれませんね。
すご~~~~い、発見です lovely

で、どんぐりは?と言うと・・・

Amamiarakasi01

普通のアラカシの 大きい子と 比べても、こんなに 差があります。

この写真は 落果してから 数ヶ月経っているので、色が 普通のアラカシと同じ 濃い茶色になっていますが、最初は ライトグリーンがかっています。
そして、
縦縞模様が クッキリし、ピカピカ光っているのが この子の 特徴です。

上記のどんぐりの特徴も、図鑑に描かれている特長とまるで一致しています。

どうも、この子は・・・

  「アマミアラカシ」に間違いなさそうです 

                ・・・・・・ね?!q(^-^)p

.

この子が、本土で確認できる 唯一の 「アマミアラカシ」 note・・・・・・なのかなぁ sign02  happy01

三重県だと 寒いだろうに。。。
暖かい沖縄だと、図鑑にあるように もうちょっと大きな どんぐりに なるんだろうなぁ~~~heart

.

|

2010/01/13

どんぐりの種類 更新しました♪

昨秋、
小石川植物園(東京)で集めた 新しいどんぐりについて、やっと 画像を整理 coldsweats01
本日、どんぐり村本館に UPしました~~ up

まだまだ 資料不足の種や 未確認の種も ありますが、これからも 出会いの都度 更新していきます。

ただ今、20種(内2種は外国種)を記録しています camera pencil

尚、
これまで “どんぐり” や “葉” は、ポップアップウィンドウで 表示していましたが、そのページで 見れるように 変更しました。

          どんぐり村本館 どんぐりの部屋 種類

.

                                 Snowboy01  Snowboy02 

|

2010/01/11

スカーレットオーク 1月の姿

Cuercus11

本当は 昨年の秋、紅葉 maple のハイシーズンに 行きたかった 京都府立植物園
なんだかんだで 時期を逸してしまったので、恒例の初詣がてら 会いに行ってきました happy01

もうすっかり 葉を落としているだとうと 思っていたのに、何故か この一枝だけ まだしっかり 葉を残してました。

さすがに ピークの色は ないにしても、スカーレットオークの名にふさわしい 鮮やかな紅色の名残も note

ただ、ちょっと気になったのが・・・これ

Cuercus12

枯れ葉の中に、未熟なまま落ちてしまった どんぐりが ゴロゴロしているんですよ! think
ちょいちょい混じるっていうのは、どんなドングリでも ごく普通に 見られることなんですが、一面に 未熟ドングリっていうのは、ちょっと ありえないような・・・

気になって、必死になって まともなドングリを 捜しまくりました! wobbly
こんな時期はずれでも、普通だったら 幾つかは あるはず!!

   ない、ない、ない・・・・・・ない。。。

   あるのは、未熟なドングリばかり。。。

   え~~~~~~~ん、一つもないやん。。。cryingcryingcrying

と、もう 諦めかけたその時・・・、地中に 半分埋まった 丸い塊りが eyethunder

   sign02  もしやこれはupupup

,

  は~~~~い、当たり~~~~~sign03 
貴重な貴重なスカーレットオークのドングリ君でございます lovely

Cuercus14

詳しくは、
どんぐり村本館、どんぐりの部屋 → 種類を ご覧下さい。

,

|

2010/01/01

明けましておめでとうございます

Photo

 今年は、
  初の 『どんぐり作品展』 に向けての 集中年 happy01

   がんばりま~~~すpunchdashdashdash

                     元旦fuji

.

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »