カテゴリー「環境問題」の4件の記事

2008/05/28

植えてはいけないケシ退治! 

茨城県の 下妻市で 開催されたフラワーフェスティバルbud
本来なら 最終日に ケシ畑での花摘みが 予定されていたのに、中止になってしまった。
原因は、、、
500万本もあるという ケシ畑の中に、『植えてはいけないケシ』アツミゲシが 混じっていたからだそうな・・・ bearing

   Kashi5
                ↑
     アツミゲシ  資料: 三重県 県民参加によるケシクリーンアップ運動
    ( パンフの写真を 取り込んだので、全体に 紫色が うまくでていません )

この『植えてはいけないケシ』とは、
いわゆる薬物としての「アヘン」が、その未熟果からとれるもので、調べてみるとセティゲルム種(アツミゲシ)ソムニフェルム種ブラクテアツム種という 3種があるようです。

さて、
そんなニュースを 耳にしながらも 『植えてはいけないケシ』 なんていうのは、ピンとこない というか、身近なこととしては 全く 受け止めていなかった 私なのですが、先日、保健所に勤める友達から 電話が・・・

「あのさぁ~、あんたとこの 近くに 植えたらあかんケシが あるんやって。一緒に 取りにいってくれやん?」

行ってきました~!取ってきましたよ~~!
これが 『植えてはいけないケシ』 ソムニフェルム種!!

     Kashi1

田んぼ沿いの 側溝の中に 1本スクッと 咲いていました thundereye

これは ソムニフェルム種八重のタイプのもので 園芸品種として 出回っているらしいです。

Kashi2 ↑花
              
    葉↓ Kashi3

茎を 抱きこむような この葉のつき方は、どの 『植えてはいけないケシ』にも 共通する 一番分かりやすい特徴 sign03

他にも、以下のような 特徴が あるのだそうです。

  ① 全体に 毛が少ない
  ② さく果(花が咲き終わった後の果実)に 丸みがある

ケシと言えば、本来は ごく微量で 著しい鎮痛作用がある 貴重な薬草

しかし、、、、

陶酔感や 幻想を伴う快楽感が 得られることがあるため、その目的の為の 飲用・売買が 今日の問題thunder

習慣性が強いため 使用を中止すると、激しい禁断症状(精神錯乱・意識朦朧・激痛嘔吐・痙攣など)を起こし、やがては 呼吸麻痺で命を落としてしまう。
急性中毒の場合でも 昏睡状態に陥り ショック死する場合もある。


ほんとに とっても怖い 薬なのです。。。shock

春、どこかで あれ? と思うケシを 見かけたら、是非、抜き取るか 地域の保健所に 連絡してくださいね telephone

=参考=
    岡山県ホームページ 医薬安全課
     http://www.pref.okayama.jp/soshiki/detail.html?lif_id=4578

|

2007/06/05

南極大陸に雨が降る・・・

地球の温暖化による 自然現象・生態系の異変を、あちこちで 聞くようになって もう随分になる

一昔前まで、南極大陸は 夏場でも 雪が残っているだけでなく 雪が降ることも珍しくなかったそうだ
現在は・・・
平均気温の上昇により、夏には すっか岩が露出してしまい 雪ではなく雨が降るようになったのだとか

Pen1 南極と言えば、ペンギン

雨に巣を流され 冷たい雨にうたれるという 想定外の現象に、羽毛に その適応ができていない ペンギンのヒナは 身体をブルブル震わせ、やがて凍死してしまう
おまけに 氷の下で繁殖する ペンギンの餌であるオキアミも、氷の減少に伴って その数が減り 充分な餌をもらえず 餓死してしまうヒナ。。。
生息数が 激減しているそうだ

Kuma1 同じように
北極では深刻な薄氷化が進み、 白くま(ホッキョクグマ)も 餌の確保がままならず 餓死、また 氷(陸)を求め 泳ぎ疲れて 溺死・・・・
今世紀半ばまでに消失する氷原は現在の40%、それにともない2/3の白くまが死んでしまい、そう遠くない未来に 絶滅もありうると聞く。。。

自然界の この痛ましい 野生動物の姿・悲鳴を 直視し、ちゃんと聞きとらなければ・・・やがては、その悲鳴が 私達人間に 置き換わることは 間違いないだろう

日本の昔話の中に 『ナラナシトリ』 という お話がある
自然の中に 生かされている 私達、
    もっと 自然の声を 聞かなければ
                   
(ノ
_


 

  

  この記事を書いてから、、、、思った
  
  言うは簡単!
でも
当たり前のように 毎日 ガソリン車に乗り、エコ発電とは無縁の 電化生活に 浸りこんでしまっている私
少しでも CO2を減らす為に、一体何を?何か?できているんだろうかと。。。

  ・エコバッグを使う
  ・ゴミの分別をして、焼却ゴミを減らす
  ・ペットボトルのお茶ではなく 自前のお茶を飲む
  

                  ・・・こんなことしかしていない

      今も
        痛々しいペンギンや
           白くまの姿が 目に浮かんでくる

                     
    どうしたらいいんだろう。。。

    そうだ!   
    とりあえず、今年の夏は
     クーラーを 我慢しよっと
 q(^)p!!

 

★★★★★     ★★★★★★    ★★★★★

 アメリカさん、ブッシュさん
    『京都議定書』
       宜しくお願いします!!!

            ★★★★★     ★★★★★★    ★★★★★                    

=参考=
  JCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター
     http://www.jccca.org/index.php

                           Tree_b1   Tree_b2

|

2005/04/25

鯉のぼり・・・禁止?!

今私は北海道(道東)の湿原に生息する“タンチョウツル”に魅せられている
タンチョウの絵を描きたい......下手という表現すらおこがましい ド素人の私ではあるが、何年かかっても 「いつかは♪」 と思っている

そんなかんなで、タンチョウの資料を探すためにネットをウロウロしていた時、ハッと目を奪われた一枚のタンチョウの写真があった
   
      Nakajima's Photo Gallery 湿原の神「タンチョウ」

                        http://www.sainokuni.ne.jp/nakajima

その写真は、このサイトのトップページに飾られていた 優しい音楽とともに。。。♪
“一目惚れ”
時間を忘れ、次々と写真を追いかける私・・・いつしか、心はすっかり癒されていた
そして、以前にもまして タンチョウに魅せられている自分が そこにいた

以来 私は “癒し” を求めて、度々このお部屋にお邪魔する
ある日・・・そこの掲示板に こんな写真と記事が投稿されていた

tancyo-20050419144532 ロスアンゼルスで こんなに大きな鯉のぼり 上げた方がおります。
しかし 市の条例に引っかかったらしく もうありませんでした。

この記事を読んで「へ~~、なんでかな? 景観を損ねるからかな?」と少々興味をひかれ、早速その真意を確認させてもらうことに・・・すると

この市では電線 電話ケービルTVは地下に埋設してありTVアンテナは無論 無線用アンテナ等は一切禁止です。
キャンパーボート類も道路から見える所には駐車禁止 新しい地区なのでこの日本人家族は規則を知らなかったのかも知れません。
地下埋設は金がかかり大雨の時は停電が多いです。
キャンパーやボートも見えない場所に置けるだけの敷地がなければ駄目ですから不便もあります。

というお返事をいただいた
「ふむふむ、なるほど。。」
やはりロサンゼルスでの“鯉のぼり禁止”規制理由は、街の景観上の問題からであったようだ
ただこの市条例の中に含まれている電線の地下埋没化・・・以前から電線での渡り鳥の怪我の問題が気になっていた私は、この記事を 環境問題として引用したく、投稿者の方に ご了解を頂くことにした

私が最初、その悲惨な姿・・・高圧電線に気がつかず衝突し、血を流し痛々しい姿で何十羽という数の鶴が バタバタと地上に倒れている・・・を目にしたのは、アメリカシロヅルが繁殖地のカナダから越冬地のアメリカを渡る時に起きた事故だった。。。
その後も何度か雑誌・報道番組の特集などで目にしている
電線による怪我は何も渡り鳥に限ったことではなく、さまざまな留鳥の通常の生活の中でも起きている

「タンチョウはどうなんだろう?」と心配に思い、サイトの管理者の方に尋ねてみた
すると・・・・・生息する湿原と人里(給餌場)の飛来コースには、電線に目印となるマークをつけてあるにも拘らず、やはり引っ掛かってしまい 羽を痛め飛べなくなってしまう姿があるとのこと。。。

電線の地下埋没化は、現在、日本でもあくまでも人の生活環境(景観・電磁波・鳥類の糞)対策として、進められているところもでてきたが、鳥類にとっても少しは優しい環境となることを私は願っている
         電線は鳥類の足場ゆえ、地上に必要との見地もある

<<記事ご協力>>
    
 HN / Ogami 様
             
Nakajima's Photo Gallery 湿原の神「タンチョウ」
                                             
http://www.sainokuni.ne.jp/nakajima
                    
    メッセージボード 4月19日 投稿記事より

|

2005/04/15

守ろう!サンルの自然

地球規模での自然保護・環境問題が取りざたされる今、私もそれほど遠くない地球の将来を案じ、少なからず危機感を感じている一人です。
「環境整備」「文化的生活」・・その全てが決して悪いのではなく、何事においても必要性やら落とし穴を見抜ける“目”を見失いたくないと思っています

「サンル川を守る会」・・・私が“丹頂鶴”の資料を探している折知り合った、ある北海道在住の方のHPで偶然 その活動を知りました

以下は「サンル川を守る会」HPの記事の一部です

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 sakuratrout3
 北海道を流れるサンル川には、毎年1000~3000尾もの天然サクラマスが、日本海から天塩川、名寄川を経て産卵遡上します。
 サクラマスの遡上は道内各地の河川で見られますが、サンル川上流部まで200kmもの距離を天然魚が移動するのは、現在の国内では奇跡的なことで、良好な自然環境が保持されている証のひとつです。
また、この流れを育むサンル川の流域の森には、クマゲラやヒグマが生息するなど、豊かな自然環境が保たれ、地域に潤いを与えています。

trees  サンル川では現在、多目的ダムの建設事業が進められていますが、この豊かな自然環境を犠牲にするほどの効果があるのか疑問視されています。
 ダム建設によって、サンル川流域やその下流の環境が取り返しのつかない事態になることだけは避けなければなりません。

■署名総数 7370名 

■内訳
 北海道内 5611名(76.1%) 北海道外1759名(23.9%)
 郵送などによる封書総数 170通
 署名用紙数 854枚   
              =2005年3月31日現在の集計報告=

<<補足>>
 2008年完成予定のサンル川ダムの「建設中止を求める署名活動」は、2005年3月31日をもって一次終了しましたが、活動当初の1万人署名を目標に活動を延長再開し、2006年5月30日に国土交通大臣に署名13,878名分が提出されました
 
現在もサンルダム建設を反対する地元の方々を支援するため、賛同される方の署名活動・サポーターを募集しています
           
      署名最終期日 2009年3月31日必着

「サンルを守る会」HPのアドレスです

       http://www.sanru-river.com/

  記事の詳細につきまして上記HPを参考にしていただきますようお願い致します

|